子供達が楽しそうな風景

よくある質問

Q: とりあえずアレルギー検査だけはしたいのですが...


answer:

アレルギーの検査には皮膚テスト、血液検査などいくつか種類があります。皮膚テストは熟練した先生がされるものは有意義だと思います。しかし、小さいお子さんが長い時間じっとしているのは大変ですし、より正確な情報を知りたいので、当院では血液検査で行っております。
これまでの経過を十分にお聞きしたうえで、「食物が原因では」と強く疑われる場合は必須ですし、場合によっては専門施設で食物負荷試験をお願いすることがあります。比較的大きいお子さんや大人の方のぜんそく、鼻炎の方は花粉や、ダニ、ほこりなどの数値から症状の出現時期を予想でき、治療の上でも有効だと考えています。
しかし、ご希望の方全員が検査が必要か、というと必ずしもそうではありません。中には、なにも症状が出ていない方や、正しい日常のケアをしてこなかったために湿疹が出てしまった方、動物との接触などで分かりきっている場合などでも、アレルギー(数値)をご心配されて検査を希望されるケースがあります。ご参考までにアレルギー検査を行って数値が陽性に出たからといって、それだけで判断して食事制限を行うわけではありません。例えば、検査で陽性であっても、食べても何もおこらないのであればその食物に関しての制限はしないのが、アレルギー治療の基本です。無意味な制限が栄養面で問題になる場合もあります。逆に数値が低い、もしくは陰性であっても明らかに症状がある場合は食物制限をします。原因が動物なども同じです。あくまでも実際に起こっている症状を重視し、検査結果は参考にする程度というところです。 お子さんにとっては痛い注射で怖い思いをすることになりますので、病院嫌いになり治療に影響がでてしまうこともあります。アレルギー検査はあくまでもアレルギーの症状が出ている患者さんに、治療の一環として行う検査である事をご了承ください。


menu ドクター紹介 どんなところ アクセス よくある質問 リンク 夜間・休日の診療
ご予約について 問診票ダウンロード
アフィニーテ